ホーム>パッチワークの作り方

パッチワークの作り方

パッチワークの作り方

初めてのパッチワーク

完成

暖かく、やさしい色合いのパッチワーク。
最初のコツさえ分かれば、きっとあたなにも作れます。

今回はフラワーバスケットのランチョンマットを見本にパッチワークの作り方を解説していきます。
パッチワーク・ウェンディーズのパッチワークキットは、初心者の方からベテランの方まで、買ってすぐに制作できるよう、説明書、型紙、十分な大きさの布地がセットになっています。
ぜひ楽しいパッチワーク作りに挑戦してみて下さい。

 

パッチワーク基本塾のブログ記事

パッチワークのそれぞれの基本手順を、写真付きでブログで詳しく紹介しています。

下のランチョンマットの作り方と併せて、参考にしてみてくださいねhappy01

①パッチワーク基本塾(型紙をとり生地を切る~生地同士を縫い合わせる)

②パッチワーク基本塾(列と列をつなぐ方法)

③パッチワーク基本塾(縫いしろを倒してアイロンを当てる方法)

④パッチワーク基本塾(キルト)

⑤パッチワーク基本塾(パイピングの付け方)

⑥パッチワーク基本塾(斜めにとるパイピングの切り方・つなぎ方)

⑦パッチワーク基本塾(額縁仕立てのパイピングの付け方)

⑧パッチワーク基本塾(額縁仕立てのパイピングの付け方②)

 

フラワーバスケットのランチョンマットの作り方

Step.1 必要な材料を揃える。 生地、キルト芯、方眼紙、鉛筆 (キルトボードがあると便利です)

               Step.1                  
      必要な材料を揃える。       
  生地、キルト芯、方眼紙、鉛筆
(キルトボードがあると

便利です)

Step.2 生地を裁つ。 生地の裏側に、型紙を写し、 約7㎜の縫い代をつけて裁つ。

               Step.2                
             生地を裁つ。          
  生地の裏側に、型紙を写し、
約7㎜の縫い代をつけて裁つ。

Step.3 裁った生地を並べてみる。

Step.3
裁った生地を並べてみる。

Step.4 縫い始める。 2枚合わせてマチ針をさし、印より 手前に針を入れて印に返し、最後も 印より一針返して玉止めをする。

Step.4
縫い始める。
2枚合わせてマチ針をさし、印より
手前に針を入れて印に返し、最後も印より一針返して玉止めをする。

Step5. 隣同士をつなぐ。3列作る。

Step5.
隣同士をつなぐ。3列作る。

Step.6 1列目と2列目を合わせて縫う。

Step.6
1列目と2列目を合わせて縫う。

Step.7 縫い代を縫わないように角まで 縫って一針返して次に出す。

Step.7
縫い代を縫わないように角まで
縫って一針返して次に出す。

Step.8 縫い代を倒し、アイロンをかける。

Step.8
縫い代を倒し、アイロンをかける。

Step.9 3枚作る。

Step.9
3枚作る。

Step.10 全体を並べてみる。

Step.10
全体を並べてみる。

Step.11 大きいピースと縫い合わせる。 縫い代の倒し方はStep.8と 同様にする。

Step.11
大きいピースと縫い合わせる。
縫い代の倒し方はStep.8と
同様にする。

Step.12 レースをつける。

Step.12
レースをつける。

Step.13 キルト芯をはり、裏布を重ねて しつけをかける。

Step.13
キルト芯をはり、裏布を重ねて
しつけをかける。

Step.14 キルトラインを描く。 (水で消えるブルーペンを使う)

Step.14
キルトラインを描く。
(水で消えるブルーペンを使う)

Step.15 キルトをする。

Step.15
キルトをする。

Step.16 出来上がりのラインを描き、 パイピングをつける。 縫い始めを一折する。

Step.16
出来上がりのラインを描き、
パイピングをつける。
縫い始めを一折する。

Step.17 角のカーブはマチ針を多めにうつ。

Step.17
角のカーブはマチ針を多めにうつ。

Step.18 パイピングをつけ終わった様子。

Step.18
パイピングをつけ終わった様子。

Step.19 縫い代を切りそろえる。

Step.19
縫い代を切りそろえる。

Step.19 縫い代を切りそろえる。

Step.20
パイピングを後ろ側に
倒してくるむ。

完成

完成です!