ホーム>パッチワークブログ>パッチワーク>コルクボードで作るクリスマスのミニキルト☆作り方・後編
パッチワーク

コルクボードで作るクリスマスのミニキルト☆作り方・後編

昨日の続きです。

 

昨日は、キルト芯に4枚のクリスマス柄の生地を縫い付けて、ツリー型にくり抜かれた生地を重ね、

アイロンを当てて固定するところまで作りました。

20161129162025.JPG

 

次は、ツリーの形の外側5ミリのところに、後から消せるペンで線を引きます。

水で消せるペンなどもありますが、今回は文具店などにも売っているフリクションボールペンを使いました。

アイロンで消せるので便利で重宝しています。

※たまに布との相性なのか、白く残ったりすることがありますので、端の方で試してみることをおすすめします。

2016113016248.JPG

 

書けたら、ツリーのてっぺんのところからちくちく縫っていきます。(キルトしていきます)

玉止めは裏側に出るようにしましょう。

201611301649.JPG

 

一周縫い終わったら、線を消します。

2016113016554.JPG

 

ベルとリボンを縫い付けます。

面倒でも、まずベルだけつけて、リボン、と付けた方が綺麗につきます。

20161130161249.JPG

 

表の布の外周を、てっぺんから右周りに下まで、てっぺんから左回りに下まで、と2つに分けてぐし縫い(大きな縫い目で縫います)します。

下まで縫ったら糸はそのままにしておきます。

2016113016172.JPG

 

20161130161727.JPG

 

縫い終わったらコルクボードを乗せて、そのままにしておいた糸を絞ります。

上の方を一か所押さえておくとうまくいきます。

2016113016182.JPG

20161130161928.JPG

 

ひだが一か所に偏らないようにならして、表も見ながら整えたら、糸をくくります。

2016113016237.JPG

20161130162332.JPG

 

引っ掛ける用の麻ヒモをボンドでつけます。

リボンの真上にくるようにマチ針などをとめておくと、位置がずれなくて良いです。

2016113016243.JPG

 

後ろ側用の布も、さっきと同じように外周をぐし縫いして、

20161130162824.JPG

 

一周縫えたら針はそのままにして厚紙を乗せて絞り、玉止めします。

20161130163015.JPG

 

外周部分にボンドをしっかり塗って、表面と接着します。

2016113016338.JPG

 

ボンテンをボンドで付けます。(写真は5つですが、キットには6つ入っています。)

20161130163448.JPG

 

 

完成ーー!!お疲れさまでしたー☆

20161130163520.JPG

 

AKIスタッフAは一時間ちょっとで仕上げることができました。

明日から12月ですが、クリスマスにもきっと間に合います!

自分で準備していただくのは裁縫道具とボンドくらいでオッケーなので、

ぜひ挑戦してみてくださいね☆

 

 

商品のページへは、下の写真からどうぞ!

20161130164023.JPGのサムネイル画像  20161130164055.JPGのサムネイル画像

 

ブログランキング参加中です。

下のボタンを押していただけると励みになりますmaple


にほんブログ村

 

↓ハンドメイド関連のブログが多数参加されています☆

 

にほんブログ村テーマ ハンドメイドクラブへ
ハンドメイドクラブ

 

にほんブログ村テーマ ハンドメイドのある暮らし。へ
ハンドメイドのある暮らし。

 

にほんブログ村テーマ 裁縫、ソーイングへ
裁縫、ソーイング

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wendys.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/392